ポイント

難しい点

展示会施工を行う際に、難しい点がいくつかあります。展示会施工は、展示スペース、用意した搬入機器の大きさを考えて搬入しなければなりません。搬入する際の動線、展示会時の導線も考えながらになるため、しっかりとした計画とチームワークが必要になります。展示会施工に関してすべてを把握している方が司令塔としてスタッフを動かすことで、スムーズに展示会施工の搬入が進むでしょう。展示会施工を行う際はそれぞれ役割を確認し、1つ1つスピーディに対応していきましょう。

重要な点

お客様に一番伝えたいことはなにか、展示会施工を行う際はこれを考慮し設置を行っていきます。企業、クリエイターがお客様に一番伝えたいのは自社の商品や、能力だと思います。お客様に取って目につく場所に伝えたいものが置けるよう展示会施工を考える必要があります。展示会施工では常にお客様にどう見られるかを考え搬入していきましょう。展示会施工の準備が大変なときは展示会施工専門業者に相談してみてください。

スペース

展示会やイベント会場は基本的に自分たちの出店スペースが決まっています。そのスペースの中でいかに自社の商品を宣伝するかが大切で、スペースよりもはみ出した機器等は隣の企業・お客様の動線に邪魔になるため、必ずスペース内に収まるように展示会施工を考えます。スペースに合った機器やパネルがなければ展示会施工業者に相談しましょう。展示会施工業者に頼むことで展示会施工の展示スペースに合うパネルや台を用意してくれますし、展示会施工の搬入もスムーズになります。